人気ブログランキング |

スパン割り

また台風が近づいてきてます

気圧と偏頭痛の関係性に配慮して欲しいわ
台風が過ぎて明るく開放的になりたい

頭痛い中記述やってました

模試の結果、記述で減点くらったので
記述頑張ります

記述の解答例を1日1課題模写
イメージしながら模写します

多分記述は自分の言葉で考える必要なし
解答例の丸暗記でイケると思います
もちろん意味がわかった上の話ですが

タイトルのスパン割りですが

自分のやり方ですが
確認の為にも書いてみます

スパン割りにこだわり過ぎてエスキスに時間とられてる人が多いかも

去年のダメだった自分は解答例のスパン割りと自分のスパン割りを見比べて一喜一憂してましたが

あんまり関係ないですね

外部の最小ヘリアキを駐車場とか
広場の条件で計算

建築可能面積を縦何メートル横何メートル
とします

全て7mスパンでいけるなら仮に7mとして

床面積に関係する部屋とか吹き抜けの階を
仮に決定
例えば天井高さ5mの150平米のホールがあるなら
1階から3階のどこにするって適当にきめます
3階に決めれば床面積は何も関係しませんが
例えば2階にすると
3階の面積が150平米減りますよね

そんな感じで床面積の合計を仮定の条件で計算します
この場合、7mスパンなので200減る計算します
150だから6mスパン作ろうとかはしません
スパンは全体みて最後に確定させます

指定の床面積が2200から2800だとしたら
絶対2800近く狙います
内部のプランが楽になるので

あとはこの場合だと2800との差ですね
2600とかだと敷地のヘリアキに余裕があれば
どっか8mスパン作るとか
ヘリアキに余裕がないなら仮定の条件を変えて
ホールを3階にするとか

逆に3000だったら6mスパン作るとか
作りたくなければ屋根作るとか
でも屋根ばっかりだと多分下階とのバランスが悪く、印象が良くないので注意

で、その決めた階の条件とスパン割りで
適当に中のプランする

その時に7mスパンだと部屋がもう1つ入らないなー
ってなれば6mに変えます
7m6スパンと6m7スパンだと42mで同じなので
さっきやった検討がそのまま通用するのがミソ

なので基本長手方向を変えます

8mスパン作るつもりだったなら6mスパン6つで1つ7mスパンに、すればいいだけ

なのでプランが決まってきてからスパン割りが確定してくる感じ

最初は仮定でいつも7mでスタートしてます

要求が80とか120平米の部屋があっても
とりあえず100にしてやっちゃう感じも
アリです、あとで何とかなります

床面積の上限狙ってるので余裕あるはずなんで

どうでしょうか

日本語が不自由した感じですが
こんな風にしてます



by yutapaso | 2016-09-19 11:55 | 一級建築士 製図